1111月/15Off

私家版 新刊情報 

筆の源流  巻筆の世界 ― 攀桂堂雲平筆四百年 ―

伝統筆である古式巻筆(紙巻筆)を、世界で唯一受継ぐ、筆工房“攀桂堂”、その雲平筆が本年創業四百年を迎えます。それを記念して本書が刊行されます。貴重な存在である巻筆と共に筆の歴史や構造に触れ、著名な先生方の寄稿も多数あります。

 

•Ž†‚R

B5版・並製・160頁(80頁カラー)

発行日:2015年10月

発行者:藤野雲平

発行所:攀桂堂

編著者:日野楠雄

企画制作:(有)東京文物

 

 


 

内容

◇筆の歴史と巻筆
◇雲平筆の種類と形状
◇雲平筆の歴史
◇略年表 
◇筆師と攀桂堂の所在地 江戸時代の京都における
◇名家書画作品と書簡 (敬称略)
比田井小琴・比田井天来・大倉喜八郎・岡山高蔭・柴山全慶・松方正義・吉口桂堂
植村和堂・木村陽山・日比野五鳳・服部北蓮・小坂奇石・石橋犀水・右近正枝

◇寄稿(敬称略)                  

写経と巻筆(荒井湧山)

源氏物語と紙巻筆(右近正枝)

藤野雲平謹製「巻筆」を使ってみて(神崎充晴)

皇室と雲平筆(久能 靖)

有栖川御流「有栖川宮家から高松宮家へ」(佐藤 進)

古画の筆に思いを馳せる(島尾 新)

大仏開眼用筆の復原模造と十四世雲平(杉本一樹)

攀桂堂・巻筆との関わりと普及(高城弘一) 

仮名文字と巻筆(名児耶 明)

現代書を拓いた筆(比田井 和子)

千二百年の伝承が語る世界(宮里 司)

巻筆礼讃(村上翠亭)

寄稿 (近江編)  

雲平筆とわたくし(饗庭弥一郎)

第十四世雲平さんの思い出(池田哲也)

ご出版によせて(大田左享)

心の筆(神田 浩)

中江藤樹の書跡(中江 彰)

雲平筆の魅力(西川桂邨)

高島市の誇り(福井正明)

ふるさとの筆と硯と共に(安原椿園)

四百年の歴史の一断面(山本 慧)

筆の歌 筆百首(佐野光一)

◇資料

「近世名家書画談」(造筆の事・筆匠篆癖の軼事)

「牛山先生正書千字文 坤」

「藤野家家系図注記」

「明治時代の新聞期二種」

「十二世手控え」(後半)

 

 

 

 今回は私家版ということで一般流通はいたしませんが、お問合せも多く一部を弊社からお分けすることもできますのでお問合せ下さい。

 また、本書に紹介する雲平筆各種についてのお問合せやご用命は、弊社でもお受けすることができます。価格などお知らせいたしますので、下記までお申し込み下さい。

有限会社東京文物 〒146-0091

東京都大田区鵜の木3-34-16-101

電話 03(3759)7103 (F共)

E-mail bunbutsu@opal.dti.ne.jp